多汗症はどんな病気なのか|異常な汗をかく局所性多汗症とは

ドクター

多汗症の治療法

女性

多汗症は日常生活に影響を及ぼしてしまうほどの大量の汗をかいてしまいます。多汗症の患者数は毎年増加しており、重症とされている多汗症の患者は約80万人以上いると言われています。こんなに多くの患者はいるのも、病気であるとの認識を持っていなかったり、治らないと諦めて病院などに行かない人が多いのが現状になっています。ですが、最近では症状を緩和するために様々な治療法が開発されています。
多汗症は通常通り、病院で治療を行なうことが出来ます。根本的な治療を行ないたいなら、汗腺事態を除去する手術や交感神経を切断する手術があり、非常に高い効果を得ることが出来るでしょう。そのほかではレーザーを利用して手術婚を全く残さない治療法がある病院もたくさんあります。まずは、病院に行って自分にあった治療法を医師と相談するのが重要でしょう。多汗症の治療法として他にも塗り薬があります。多汗症に効果が高いとされている塗り薬は塩化アルミニウム軟膏があります。塩化アルミニウムは、皮膚上にたくさんある汗孔の形を変える働きを持っています。また、この汗孔を殺菌する効果も持っていて手や足、脇などの多汗症治療に効果が発揮されています。この塩化アルミニウム軟膏は主に病院や美容外科で処方してもらうことが可能になっています。手術などの外科的治療をやりたくない人におすすめの治療法と言えます。また、ボトックス注射を使用した治療は美容外科を中心にとても人気が高い治療法となっています。このボトックス注射を行なうことで、神経が汗腺に向けて出す指令をブロックすることが出来ます。その結果、汗を分泌されることはなくて発汗を抑制することが出来ます。なお、ボトックスには筋肉の収縮を抑える効果を持っていますが、多汗症の治療でボトックス注射を行っても脇の筋肉などに違和感を覚えることがないです。安心して治療を行なうことが出来ますよ。
多汗症は適切な治療を受けることで、症状を大幅に改善することが出来ます。多汗症を治療した場合は、皮膚科や美容外科などの医療機関で受診を行なうようにしましょう。また、生には多汗症を専門的に治療してくれる外来などもありますので、事前に調べることが大事です。医療機関で診察を受けたら手術を行なうか、どの治療法を選択するぁは医師とよく検討することが大切になります。