多汗症はどんな病気なのか|異常な汗をかく局所性多汗症とは

ドクター

多汗症に効く漢方薬

カウンセリング

多汗症はあせもなどの症状は、発汗異常の1つとして捉えられています。また、発汗は自律神経の支配下にあります。多汗症でも漢方を用いて治療を行なう場合があって、自律起用の変化による発汗の異常に効果がある漢方薬を見てみましょう。発汗異常の漢方治療は杆状態を重視しています。主に全身や頭部、手のひら、足の裏などの発汗部位と自汗、無汗などの汗の出方などで区別されています。なお、全身性の多汗症で糖尿病を患っている場合は、それの治療が優先となっています。一般的に使用される漢方薬として、荊芥連翹湯があります。けいがいれんぎょうとうと呼ばれています。この観桜薬は体力が普通の人に使用させる薬で、皮膚が浅黒く慢性の炎症疾患等を引き起こしやすい場合に用いられます。また、手のひらや足の裏の発汗、神経過敏の場合にも医療機関から処方されます。
漢方薬を使用するのは通常の治療薬と異なって、薬の力を借りて症状を緩和するのではなくて、人が本来持っている治癒力を用いて症状を引き起こしている原因を改善するものとなっています。そのため、根本的な改善を期待することが出来るでしょう。漢方薬を使用する治療には様々なメリットもありますよ。まず、上にもありますが根本的に治療を行なうことが出来ます。漢方は素の体質を改善して症状の原因を取り除くのが目的となっています。一時的に症状を和らげるのではなくて、元となる問題までも改善することが出来ます。この体質改善に成功したら、もう多汗症に悩むことはなくなるでしょう。次に漢方薬は身体に優しいのが魅力です。漢方の刃天然成分が使用されているので、人の身体に非常に優しくできています。漢方を使用してから、症状が悪化してしまうということはほとんどないでしょう。
漢方薬を飲むタイミングとして、空腹時のお腹が空っぽになっている状態に飲むことが基本になっています。医療機関で処方されたときにちゃんと説明を聞いて、過剰摂取などは行なわないように気を付けましょう。多汗症で漢方薬を処方してもらいたときは、医療機関で処方してくれます。保険も適用するので、確実に多汗症を改善していきましょう。