多汗症はどんな病気なのか|異常な汗をかく局所性多汗症とは

ドクター

発症してしまう原因

医者

暑いわけでもないのに、大量の汗をかいてしまうのが多汗症になっています。普通にしていても、激しい運動を行なったかのように汗をかいてしまうのが特徴です。多汗症になってしまう原因は未だに解明されていませんが、多汗症の多くが精神的ストレスが原因だと考えられています。緊張しているときや失敗をしてはいけない場面になると大量の汗をかいてしまう傾向があります。しかしながら、家でリラックスしている状態でも汗をかいたり、朝目覚めると汗をかき始めてしまうケースもあります。以前までは精神的に緊張した場合に大量の汗をかいてしまうものだと考えられていましたが、実際は緊張したときに体内の交感神経が過敏になってしまうため、大量に汗をかいてしまうと言った方がいいでしょう。また、多汗症は必ずしも精神的ストレスなどが原因で発生してしまう病気ではありません。そのため、もし多汗症になってしまったらなぜ多汗症になっているのかを十分に理解することが大切と言えるでしょう。
多汗症は精神的な問題で恐怖や不安を覚えて発汗してしまうことから、発汗恐怖症とも呼ばれています。ストレスや緊張などを感じてしまうと交感神経が過敏になって汗腺の働きを活性化させてしまいます。この交感神経が敏感な人ほど、多汗症になりやすいと言われています。ですが、精神的な問題を持っているすべての人が必ず多汗症になってしまうわけではありません。また、他の疾患が原因で多汗症になってしまうこともあります。代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経などの病気を発症していると多汗症になる場合もあります。ですが、手のひらや足の裏など特定の部分に異常に汗をかいてしまう局所性多汗症になることは珍しく、ほとんどの場合は全身性多汗症になってしまいます。逆に多汗症の場合、すべての人がそうではないですが、もし多汗症になってしまったらほかに病気がないかなどを疑いを持つことも大事でしょう。
多汗症も病気の1つに分類されています。そのため、生活習慣と深いかかわりがあると言えるでしょう。食事で辛い物などの刺激物や熱い物ばかりを摂取していると汗をかきますよね。これは正常になるのですが、過剰になってしまうと味覚性多汗症になってしまう可能性もあります。また、肥満の人は比較的に多汗症が多いとされています。多汗症を発症させないためには、まずバランスの良い食事を心がけて生活習慣を正しく過ごしましょう。なお、多汗症を疑ったらすぐに美容外科などに行くことです。早期発見で症状が軽いうちに解消することが重要でしょう。