多汗症はどんな病気なのか|異常な汗をかく局所性多汗症とは

多汗症のお悩み解決

多汗症を詳しく知る

多汗症を悩みに抱えている人は多くいるでしょう。また、多汗症には症状のレベルが設けられています。このレベルを基準にセルフチェックを行ないましょう。レベルを把握することで、カウンセリングがスムーズに行いやすくなります。

多汗症に効く漢方薬

多汗症には様々な治療法はありますがそのうちの1つに漢方薬療法があります。漢方薬を使用して、症状を引き起こしている原因自体を解消してくれます。また、人体に優しいので安心して服用することが出来ます。

一部に汗をかく場合

医者とナース

もし手のひらや足の裏など定まった箇所で異常に汗をかいてしまう人は、局所性多汗症を疑ってみましょう。人はだれしも汗をかきますが、あまり手のひらや足の裏などは汗をかかないイメージです。ですが、局所性多汗症と呼ばれる病気には、手のひらなども箇所に集中してとても汗をかきやすくなっています。
多汗症は、日常生活で多大な支障をきたしてしまうほどの汗を大量にかいてしまう病気となっていますが。特定の箇所にだけ症状が発生するものを局所性多汗症と呼んでいます。多汗症には全身の汗が増える全身性多汗症が存在しますが、局所性多汗症の方が圧倒的に多いです。全体の約90%ほどがこの局所性多汗症です。汗は無意識のうちに分泌されていて、誰でもかいてしまうものになります。身体の機能を調整している自律神経の働きによって起こります。自律神経は身体を緊張させて活動的にしてくれる交感神経と身体をくつろがせるための副交感神経があります。この2つがバランスよく動くことで私たちの身体は健康を保つことが出来ています。未だに局所性多汗症の主な原因は判明されていませんが、何らかの理由が原因で交感神経が過敏になってしまっていることで、発生してしまうと考えられています。また、汗腺にも交感神経があって、体温が上がりすぎると汗を分泌してくれて体温を下げてくれます。これが対応調節のために行われる温熱性発汗になります。そのほかにも緊張したりしているときなどにでる精神性発汗もあって、局所性多汗症はこの精神性発汗と深いかかわりがあると言われています。そのため、局所性多汗症には緊張したりドキドキしたときほど汗をかいてしまうという特徴を持っています。この局所性多汗症は汗が出る場所によって名称が変わってきます。手のひらに異常なほど汗をかいてしまうのを手掌多汗症と呼んでおり、足の裏に靴下が濡れてしまうほど汗がかいてしまうのは足蹠多汗症と呼んでいます。この足蹠多汗症は足が蒸れて菌が繁殖しやすくなっているため、臭いや水虫に悩む人もいます。
このような多汗症は命にかかわる病気ではないですが、それをコンプレックスに抱いている人は多くいるでしょう。最近では色々な美容外科やクリニックなどで治療が行える時代になっています。多汗症もれっきとした病気になりますので、適した治療を行なわないと改善することはありません。改善のために、美容外科に行くことをおすすめします。

発症してしまう原因

多汗症を発症してしまう原因はまだ判明されていませんが、主に精神的ストレスに関係しているのではないかと考えられています。また、生活習慣も関わっているのでバランスの良い食事を心がけるのも大事です。

多汗症の治療法

多汗症の患者数は年々増えていると言われており、重症の多汗症患者はおよそ80万人います。多汗症は病院に行って適した治療をすることで症状を緩和することが出来ます。皮膚科や美容外科に行ってみましょう。